TOP > 傷跡に植毛をしたい場合

傷跡に植毛をしたい場合

最近では火傷や怪我などの傷跡に植毛をしたいという人も増えてきています。

頭部の手術を受けたことで毛が無くなってしまった部分を気にしており、目立たないようにしたいと考える人も多いのです。

薄毛をご提案いたします。

植毛の手術はもともと毛がない場所に行うこともできるため、頭部の火傷や怪我などの傷で髪が生えなくなった部分にも有効な方法であると言えます。


傷跡には植毛ができないというイメージを持っていた人もいるかもしれませんが、傷跡への植毛はかなり効果が高くなっています。
かつては頭皮に何らかの理由で傷跡があるという場合、その傷跡を縫うという方法がよく行われていました。

しかし、縫って傷を目立たなくさせることは難しいですし、小さく目立たないようにできたとしても他の問題が生じてしまうこともあるでしょう。

大きく頭皮を寄せた場合は傷を境に毛の流れが左右に分かれてしまいますし、それによってやはり傷が目立ってしまうことになります。

縦の傷の場合は跡がさらに目立ってしまいますし、頭部全体に傷がある場合などは塗って小さくすることができません。

そこでさまざまな問題を解決するため、髪の毛を移植するという方法が注目を集めるようになったのです。



特に人工毛植毛によって頭部に傷を受けてしまったという場合、髪の毛の移植以外で問題を解決することはほとんどできません。

髪の毛を事故や病気で無くしてしまうと大きなショックを受けてしまうものです。



そのような場合には髪の毛を植える方法が非常に有効であるため、専門のクリニックで相談してみると良いでしょう。